プローティのおこさまランチ(家族日記)
子ども達との日常を綴ります

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

出産の思い出~のんちゃん編

のんちゃんは、特に問題も無く順調な成長をしていきました。
成長がかなり著しかったらしく、出産予定日直前にはずいぶん大きくなりました。


娘はどんどん大きくなって
「これ以上大きくなると出産が大変かも」…と
お医者さんに言わしめた経歴があります。
律儀な娘は出産予定日ぴったりに産まれました。
順調な出産と思いきや、実は首にへその緒が二重に巻き付いていました。
心拍が下がってきて結構危険な状態になったようです。
必死になっていたため、あまりこのときの記憶が定かではないのですが
産まれた瞬間は今でも鮮明に覚えています。


産まれて当たり前、母子ともに健康で当たり前の風潮にはありますが
今も昔も出産は、母と子との命をかけた戦いです。
そのことがよ~く分かりました。
先生、看護士さん、助産師さんには、感謝の言葉もありませんでした。
こうして、晩秋の夜に娘は3444グラムで生を受けました。


戦いすんで日が暮れて…
朝の10時に入院して、産まれたのが夜の8時過ぎ…
出産後は疲れからか、40度近い熱を出して
寝込んでしまいました。
翌日には回復したんですけどね。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――

子宮口が全開だったのに、まだ全開じゃないだろうと
かなりの時間、我慢をしていて
看護士さんが定期的にきたときに見たら全開だった。
「よく我慢していたね…」と。


出産の模様をビデオにとろうと、分娩室に持ち込んだら
テープ残量が30分くらいしかありませんでした。
先生が残量を確認して
「あまり無いけど大丈夫?」と聞いてくれました。
「はい!大丈夫です」と答えると
「じゃあ30分以内で頑張ろう!」と。
結果、分娩台に乗っかってから25分くらいで出産
残りの5分くらいで生まれたての赤ちゃんと疲れ果てたママ
赤ちゃんを処置する先生たちを撮影し
ちょうどいい時間でテープが終わりました。


この日、この病院には赤ちゃんが5人くらいいました。
その中でひときわ大きく、しかも紅一点…
みんながおぎゃあおぎゃあ泣いている中で
一人でぐっすり眠っていました。
パパは飽きることなくずっと顔を眺めていたようです。


初めての同室、大量のウンチをして
夫婦であたふたしていると、看護士さんがやってきて
サッサとおむつを替えてくれました。
その手際のよさに感心するとともに
これからは私たちが身に付けなければならないんだ!
そうに決心した瞬間でもあります。


初めての沐浴、のんちゃんは気持ちよさそうにしていました。
看護士さんの談では、たいていの子は泣くんだけどね~
なんておっしゃっていました。
まだまだおっかなびっくりでおぼつかない手による
沐浴だったのですが、のんちゃんは全く動じませんでした。


初めての出産、色々ありました。
安定期に入ってからは1日5時間くらい
歩いていたこともありました。
初めての授乳も、軌道に乗るまでは大変でした。
寒い時期の出産だったので、その点の苦労も割とありました。
でも、今こうして笑ったり、喜んで飛び跳ねたり
怒って眉をひそめたり、悲しくて泣いたり…
そんな娘を見ていると、苦労もいい思い出です。
日々を急いで過ごしていると、こういう思い出が
だんだんと薄れていきます。
まだ憶えているうちに、こうして残しておこうと思います。
そっくり

テーマ:初めての妊娠・出産・育児  - ジャンル:育児

  1. 2008/10/06(月) 00:29:48|
  2. 思い出
  3.  | トラックバック:0
  4.  | コメント:4

さすがに産まれたときの記憶はないなぁ・・・
けど、こうして記録として残っていると、色々と感じるものがありますよね。
私も、実家に帰って、写真持参してこようかな?
出産のタイヘンさ、そして育児のタイヘンさについて、
産んだばかりの友達から「毎日ほぼ徹夜」と聴かされて、
ちょっと泣き出しそうなくみちょうでした。
「がんばれー」としか言えないのがさみしい・・・
  1. 2008/10/06(月) 09:48:21 |
  2. URL |
  3. くみちょう #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

そうですよね、確かに記憶とは段々と薄れてしまうものあの時は本当に大変でしんどかったのに今成長したわがことの生活でただバタバタとすごしてる中忘れているのは確かです。
でも、憶えておきたいものです。
私も、ブログに残しておこうかしら(^_-)-☆
子供が生まれたときって本当によく生まれてきてくれてありがとうって気持になりますよね。
私も、ひとり目が52時間かかったので出てきたときはやっと出てきてくれた~って思いましたよ^^;
その後も尿路感染症などにかかって大変でしたが、今思うと笑い話です。出産子育て本当に大変だけど楽しみもたくさんありました。
私も色んな形で残しておこう(^_-)-☆
  1. 2008/10/06(月) 15:18:54 |
  2. URL |
  3. kokoママ #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

のんちゃんの出産ものすごく大変だったのですね!
現在妊娠中の私は、いろいろ考えさせられるものがありました・・・
うちは一人目も二人目もそういう意味では全然苦労してません(^_^;)
二人とも陣痛始まって3、4時間で産まれてきてるし。ははっ
でも女性は、出産の苦労を忘れれるからこそ、二人目、三人目と妊娠することができるのかも知れませんね!
明日はきゃずくん編かしら?楽しみにしてます!
応援☆☆
  1. 2008/10/06(月) 22:02:44 |
  2. URL |
  3. ぱーくまま #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

>>くみちょうさん
男は「がんばれ」と応援するか、腰をさすってあげるくらいしか出来ません。
近くで手を握っていたり…
呼吸を合わせたり…
でも、出来ることはしてあげたいとも思うんです。
出産後の一月は結構大変かもしれませんね。
赤ちゃんにもよるかもしれませんが…。
コメントありがとうございます。
>>kokoママさん
52時間は大変でしたね。
その後の体調も…。
しかし、少し経ち、それがいい思い出として思い出されるようならば、それはそれでよかったのかもしれません。
そのときの心情とか思いを記録しておくのも、
なかなかいいかもしれませんね。
時間がたつと、結構忘れてしまっていることも多いです(笑
コメントありがとうございます。
>>ぱーくままさん
出産の少し前に、首にへその緒が巻きついている旨の話はありました。
まぁ、ここまできたら、先生や看護士さんに全てを任せるしかないですよね。
信頼できる方々だったので、その点は安心していました。
ぱーくままさん、安産ですね。
相当に努力されたのでしょうね。
元気な赤ちゃんが生まれることを祈っています。
応援、コメントありがとうございます。
  1. 2008/10/06(月) 23:50:13 |
  2. URL |
  3. チャッキー #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示を許可する
  

カレンダー(月別)

04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

FC2カウンター

最近の記事+コメント

カテゴリー

オススメアイテム

ツイッター

広告

リンク

このブログをリンクに追加する

参加ランキング一覧

☆人気ブログランキング
人気ブログランキング
☆ブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 一姫二太郎へ
にほんブログ村
☆blogram
blogram投票ボタン

ブログ内検索

RSSフィード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。